クレジットカード枠の換金は無職でもできる?

menu
HOME » 換金の利用資格 » クレジットカード枠の換金は無職でもできる?

クレジットカード枠の換金は無職でもできる?

無職の人は、クレジットカード粋の換金を考える前に、無職の状況でクレジットカードの発行が可能であるかが問題になります。
無職の場合は、安定した収入がないために審査が通りにくいのです。
クレジットカード会社は、返済能力を重視しますので、収入のない方には、カードを発行する事は難しいかと思われます。

配偶者が稼いでいれば話は別なのですが、原則的には職についていないとクレジットカードは作れず、クレジットカードがなければ、そのショッピング枠を現金化もすることができません。
ですが、無職であっても配偶者によって生活維持をされてる主婦の方、年金受給者の方、不動産投資による家賃収入のある方など、定期的に何らかの収入があるためクレジットカードの発行が可能になります。
無職の人が利用できるカードとしては、デビットカードやプリペイドカードがあります。

デビットカードとは、使用した金額を銀行口座から即時引き落しされる即時決済カードで、銀行口座の残高を使う仕組みです。
非常に便利なカードですが、現金化には利用できないので残念だといえます。
いわゆるプリペイドカードといわれる類のものは、クレジットカードとはまた違ったサービスだと考えておくといいでしょう。

現金化業者の中には、クレジットカードのショッピング枠だけではなく、携帯電話のキャリア決済枠を現金化する業者もいます。
キャリア決済というのは、携帯電話に備わったクレジットカード機能のようなもので、使った分だけ電話料金に上乗せされる形で請求される仕組みです。
決済した金額が後払いになるため、現金化業者の一部ではこういう携帯電話のキャリア決済枠の現金化もやっています。

内容をまとめると、無職の人でクレジットカードを持っていない人は、現金化サービスを利用することができないということです。
ただ、すでにクレジットカードを持っている状態で、離職して無職になっている場合は、現金化が可能ですので、サービスが使えるかどうかは、利用者の職業ではなくクレジットカードがあるかどうかがが重要だということです。