クレジットカードの換金!現金化サービスの必要書類は?

menu
HOME » 換金の利用資格 » クレジットカードの換金!現金化サービスの必要書類は?

クレジットカードの換金!現金化サービスの必要書類は?

今回は、クレジットカードの換金(現金化)を行う際に用意する必要がある、必要書類について説明します。
クレジットカードの現金化を行う時に必要な書類は、免許証や住民票、住基カードのなどの写しの書類です。
クレジットカードが不正に利用されない為に、現金化業者はこういった身分証明書を提示するように求めてきます。

逆にクレジットカードに関する個人情報は、現金化業者に提出する必要書類ではありません。
クレジットカードの裏面にはセキュリティコードが記載されています。
セキュリティコードは、クレジットカード決済をする時に必要な番号ですので、人に見せると悪用される恐れがありますから秘密にしておきましょう。
決済する時に入力する暗証番号も、決済入力時以外で口頭などで教える必要はありません。

なぜクレジットカードの現金化をするのに身分証が必要になるのでしょうか?
それは、他人のカードを悪用しようとする、悪質なユーザーの存在があるからです。
クレジットカードの現金化は、使用するクレジットカードが原則本人名義である必要があります。
他人名義のクレジットカードを使ってしまうと、クレジットカード会社自体の規約にも、触れてしまいますので注意が必要です。

さて、そんなクレジットカード現金化なのですが、必要となる書類は身分証だけ、あとは必要事項を入力するだけで申し込みができます。
申し込みが終われば、あとは数分から10分程度の待ち時間で現金が登録した銀行口座に振り込まれてきます。
非常に簡単に申し込みから現金化までができますので、現金が入り用になった人はぜひクレジットカードの現金化を試してみるといいでしょう。

ちなみに未成年者は、クレジットカード現金化を申し込むことができない可能性がありますので、クレジットカード現金化業者の利用規約をよく確かめてみてください。
利用できない場合は、残念ながらこの方法をあきらめるしかありません。
別の手段で現金化を試みるようにしましょう。