クレカの換金(現金化)ができない人は?

menu
HOME » 換金の利用資格 » クレカの換金(現金化)ができない人は?

クレカの換金(現金化)ができない人は?

現金をすぐに手に入れる手段として、クレジットカードの換金(現金化)が人気ですが、利用できない人はいるのでしょうか?
結論からいうと、クレジットカードの現金化サービスは、誰でも利用ができます。
ただし、利用はできても使わない方がいい人もいるということ。
今回は、クレジットカード現金化をあまりおすすめできない人についてのお話をします。

まず最初に知っておきたいことは、クレジットカードの現金化は後の借金になるということを理解しておかなければなりません。
クレジットカードの現金化に申し込んだ金額は、クレジットカード会社に返済していくお金です。
現金化で10万円を申し込めば、クレジットカードの借金が10万円増えることになります。
クレジットカードの支払いは、リボ払いを利用して毎月の支払い金額を抑えることができますが、その場合はリボ払いの手数料が加算されることになりますので、十分注意が必要です。

そういうことを考慮すると、他社から借り入れがたくさんある人は、現金化を多用すると多重債務に陥る恐れがあるので気をつけてください。
毎月の支払い可能額を考えて、現金化サービスを安全に利用するようにしましょう。

後は、借金を返すあてのない人は、現金化を利用しない方がいいです。
失業中で当面のしのぎとして現金化を利用するのであればいいのですが、まったくそういうわけがない状態で現金化をしてしまうと、将来的に返済に追われて苦しい思いをすることになります。
また、ギャンブルに入れ込んでクレジットカードの枠を現金化してしまうのは、大変危険です。
現金化をしてもしそれも溶かしてしまうと、 後に残ったものは借金だけとなります。

ですから、クレジットカード現金化を利用する場合は、とにかく現金化したものを返済できるかどうかを考えてみてください。
返済が出来なければ、あなたの信用情報に傷がついてしまいます。
今回の内容をまとめると、クレジットカード現金化サービスは、即日入金ができる大変便利なサービスですが、借入れのし過ぎは禁物というお話でした。
基本的には、生活に支障をきたさない返せる範囲内で、ショッピング枠を現金化をすることが肝心でしょう。